雇対協ニュース vol.112

雇対協ニュース vol.112 page 6/12

電子ブックを開く

このページは 雇対協ニュース vol.112 の電子ブックに掲載されている6ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
雇対協ニュース vol.112

新年のご挨拶新年あけましておめでとうございます。神戸・東神戸雇用対策協議会の会員の皆様方におかれましては、新しい年を健やかにお迎えのこととお慶び申し上げます。また、旧年中は、ハローワーク西神の業務推進につきまして、格別の御理解と御協力を賜りましたことに深く感謝申し上げます。さて、最近のハローワーク西神の状況につきましては、新規求人西神公共職業安定所数は対前年度比で約10%増加と増加傾向、新規求職申込件数は約所長前橋秀憲6%減少と減少傾向で推移しており、10月末の有効求人倍率は1.01倍と1倍を超えています。ただし、正社員の有効求人倍率は0.68倍とまだまだ厳しい状況にあります。このような状況から、ハローワーク西神では、「正社員求人の確保」に力を入れています。一方、企業の皆様からは、「人手不足で早く従業員を採用したい」、「求人を提出しても応募がない」という声が多く聞かれるようになってきたところであり、求職者のニーズを事業主の皆様にお伝えすることによって求人条件の緩和等をお願いするとともにミニ面接会、求職者への積極的な求人情報の提供等、求人の充足に向けた取組みに力を入れています。また、少子高齢化による労働力人口の減少・人手不足の現状もあることから、女性や高齢者等の活躍促進や魅力ある職場づくりによる人手不足解消の取組み、働き方改革による生産性の向上、人材の育成等に取組んでいるところです。このような中、ハローワークでは、人材の確保・人材育成や働きやすい雇用環境づくり等の支援を通して、皆様のお役に立てるよう今年も一生懸命取り組んでいきたいと思います。最後になりましたが、神戸・東神戸雇用対策協議会の会員企業の皆様方のますますの御発展と御健勝を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。マイ・ブーム灘公共職業安定所所長椿野啓三マイブームについて何か書くよう、しかも新年号の掲載のためリラックスしてお読みいただけるようなものとのことで、「マイブーム」というお題なら「いや、つまらないことですが、今、私、はまってます」という軽いのりで良いのかなとこれを書いています。私自身のマイブームは恥ずかしながらキッチンリフォームです。これまでのシステムキッチンはもう何十年も使い、収納扉のちょうつがいも外れぼろぼろの状態、使えるし面倒くささもあって妻に「まあいいじゃん」と言っていたのですが、誘われるままリフォームのショウ・ウィンドウを覗いて衝撃を受けました。なんとお洒落で機能的な!!我が家は共稼ぎで家事を分担しています。私自身1人暮らしが長く、料理もやっていたので今も交代で料理をしているものの、時間がなく凝った料理なんぞほとんどできません。ただ、調理スペースが狭い、両面グリルが欲しい等々、多々不満はありました。「ええい!キッチンリフォームだ!」と妻以上に私がはまりパンフレットを見比べ、プランを立て。しかし、キッチンの高さで意見の衝突が発生しました。私は身長が180センチ程度、前からキッチンが低いと不満をもっており、この際キッチンを高くと主張しました。しかし、妻は「それでは私が不便よ」と反論。結局、いつもながら妻の主張に敗れ去りました。今、新年を新しいキッチンで迎えているでしょうが「えっ!負けて悔しかったか?」「いい・・・・・・・・・・・え、台所だけに皿っと水に流しました!」・・では良いお年を!-5-