雇対協ニュース vol.112

雇対協ニュース vol.112 page 5/12

電子ブックを開く

このページは 雇対協ニュース vol.112 の電子ブックに掲載されている5ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
雇対協ニュース vol.112

新年のご挨拶神戸公共職業安定所所長甲斐芳久灘公共職業安定所所長椿野啓三新年あけましておめでとうございます。神戸・東神戸雇用対策協議会の会員の皆様におかれましては、健やかに新春をお迎えのことと謹んでお慶び申し上げます。また、ハローワーク神戸の業務の推進につきまして、平素からご理解とご協力を賜り深く感謝申し上げます。さて、最近のハローワーク神戸管内の雇用情勢ですが、この数年の傾向として、新規求人数は増加、新規求職者数は減少の傾向にあります。平成29年10月の有効求人倍率は1.46倍と前年同月比で0.18ポイント上昇しており、お仕事を探されている方100人に対し、求人の募集が146人分ということですから近年では極めて高い水準となっています。内容を見ますと、正社員を希望する求職者は多いが正社員求人の割合は低く、正社員の有効求人倍率は0.87倍となっています。また、職種別では看護、介護、建設、運輸、警備などのいわゆる人手不足の職種では求人倍率が高くなっており、雇用形態、職種におけるいわゆるミスマッチが生じています。このような状況の中で、ハローワークでは、若者、女性、高齢者、障害のある方等、すべての人々が意欲と能力を発揮して働くことができるよう、求職者ニーズに合った求人の確保をはじめとした各種雇用対策の推進に取り組んでいます。特に企業様向けの支援としましては、人材確保対策として、就職面接会の開催をはじめとした各種求人充足対策を推進しています。また、働き方改革の一環として、「魅力ある職場作り」の促進、従業員の「正社員転換」「キャリアアップ」に取り組む事業主の皆様に対して、キャリアアップ助成金をはじめとする各種助成金制度の充実を図るなどにより支援を強化しているところでございます。これらハローワークが行う各種雇用対策の推進につきましては、引き続き皆様のご理解とご協力をよろしくお願い申し上げます。最後になりましたが、神戸・東神戸雇用対策協議会の会員企業の皆様の益々のご発展とご健勝を祈念いたしまして、新年のご挨拶とさせていただきます。新年あけましておめでとうございます。神戸・東神戸雇用対策協議会の皆様方におかれましては、新しい年を健やかにお迎えのこととお喜び申し上げます。また旧年中は、ハローワークの業務運営に格別の御理解・御協力を賜り心から深く感謝申し上げます。さて、私どもハローワークの平成29年度を振り返りますと、まず1月に雇用保険法の改正が行われ、65歳以降に新たに雇用される方の雇用保険の適用、育児休業に係る適用拡大、介護休業に係る給付率の引上等、労働者の離職防止や再就職の促進を図るための措置がなされました。本年は少子高齢化による労働力人口の減少・人手不足の現状を背景に、国の施策として女性や高齢者等の労働力化の促進のため更なるステップ、一億総活躍社会の実現に向けた、働き方改革の取組と大企業のみならず、我が国雇用の7割を占める中小企業・小規模事業者への働きかけ等が重要となるでしょう。高齢者の就業促進は働き方改革においても主要な柱でありますが、私どもハローワーク灘には「生涯現役支援窓口」が設置されています。実際に灘所においても就業意欲が高いミドル・シニア層の利用者の方が多く、求職者数や就職件数で6割以上を占めており、当該求職者への就職支援セミナーや面接会等を実施しております。企業の皆様も意欲的なミドル・シニア層の積極的な活用をお願いします。また、平成30年4月から障害者の法定雇用率が、民間企業で現行の2.0%から2.2%に引き上げとなります。共生社会実現の理念の下、どうぞ、ハローワークと支援機関等を活用し、積極的な雇用努力をお願いします。加えて私ども灘所には、交通至便な三宮の地に分室として、子育て中の方や将来にわたって仕事と家庭生活の両立を希望する方の支援を対象とした「マザーズハローワーク三宮」、わかものの正社員就職支援等を行っている「三宮わかものハローワーク」、新卒者の就職支援を行う「三宮新卒応援ハローワーク」等もございます。灘所はこれらの支援を含めた複合的な求人者・求職者の方のマッチングに、一層励みたく思っておりますので、本年もよろしくお願いします。最後になりましたが、神戸・東神戸雇用対策協議会の会員企業の皆様方の、益々の御発展と御健勝を祈念しまして、新年の御挨拶とさせていただきます。-4-