雇対協ニュース vol.111

雇対協ニュース vol.111 page 8/12

電子ブックを開く

このページは 雇対協ニュース vol.111 の電子ブックに掲載されている8ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
雇対協ニュース vol.111

神戸地域雇用対策協議会「平成29年度新入社員合同研修会」を開催平成29年度新入社員合同研修会を4月4日(火)にクリスタルタワー3階のクリスタルホールで開催いたしました。研修会には、神戸雇用対策協議会会員企業から6社44名、東神戸雇用対策協議会会員企業から5社32名の新入社員のみなさまと各企業の引率者5名のみなさまを合わせて11社81名の会員企業さまに参加していただきました。はじめに、能崎会長から新入社員としての心構え等についてお話をいただき、午前中は、株式会社ビーザムの産業カウンセラー・キャリアコンサルタントの中本渉講師による「ビジネスキャリアのスタートラインで考えること」、午後からはマナーインストラクターの日比ひろみ講師による「マナーでビジネスを変える!」についてグループワークを交えた活発な講義が行われました。また、ハローワーク神戸の統括職業指導官渋谷雅也氏からは「職場定着の支援」について説明があり、労働時間や賃金の支払い、残業手当や有給休暇など研修生には聞き馴れないが新入社員にとって大切な労働法制についてわかりやすい解説がありました。その後、藤本会長から閉会のご挨拶をいただき研修を終了いたしました。研修を終えて、三々五々会場を後にする新入社員のみなさまの表情からは、企業人としての自覚と熱意が十分に伝わってきました。(株)ビーザム中本講師研修風景(お辞儀)ハローワーク神戸渋谷統括官新入社員の皆様は、講師の指導による体操や挨拶、名刺交換等の実習を通して緊張の糸がほぐれ、周囲の方々と活発にコミュニケーションを図っておられました。また、当日実施したアンケートでは、「有意義だった、とても勉強になった、もっと意見交換の時間を、これからの社会人生活に生かしたい、マナーについてもっと知りたい」等々のご意見をいただきました。これからも研修内容の充実に努めて参りますので、新入社員研修の機会を是非ご活用ください。(事務局)―7―