vol.105

雇対協ニュース vol.105 page 2/12

電子ブックを開く

このページは vol.105 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
vol.105

目次目次表紙解説…………………………………………………………………………………………………2ごあいさつ(両会長)……………………………………………………………………………………………3ごあいさつ(両所長)……………………………………………………………………………………………4平成26年度新入社員研修………………………………………………………………………………………5平成26年度神戸雇用対策協議会総会…………………………………………………………………………6高等学校就職担当者との懇談会………………………………………………………………………………7東神戸雇用対策協議会「第1回理事会・定時総会」…………………………………………………………8東神戸雇用対策協議会「高校生の就職に関する情報交換会」「懇談会」…………………………………9両雇用対策協議会役員名簿……………………………………………………………………………………10理工系大学等卒業者合同面接会………………………………………………………………………………12表紙木版画解説「大正時代の海運王の別荘」明石海峡を望む丘の上の料亭旅館「舞子ホテル」は、大正8年日下部汽船のオーナーの別荘として建てられ、この日下部邸は広大な和室とコンパクトな洋館からなり、和室は洋館に続く大広間の部分に分かれ、大広間は宴会や儀礼用に、洋館はレンガ造地上3階・地下1階建の英国風西洋館であり、数々の工夫が凝らされています。玄関ポーチの両側には、大きなステンドグラスがはめ込まれ、玄関を入ると打ち上げ天井になったロビーがあり、応接室は、格天井・寄せ木模様張りの床仕上げ、大理石の暖炉があり家具は当時シンガポールから買い入れ、自社の船舶で運んできたと。特に応接室横の欄支柱には、夜の航海を守る守護神としての「ふくろう」が浮き彫りされている。誰もが手でさわり、光沢で美しい。特に玄関までの緑のなかにそびえている玄関が素晴らしい。終戦後の米軍接収時代を経て昭和38年より山陽電車が経営を引き継ぎ、現在に至り、大正ロマンにあふれる当ホテルの施設は兵庫住宅百選・神戸建築百選にも選ばれました。舞子の丘にいつまでも残したい風景である。関西版画連盟会員住本禮隆―2―