雇対協ニュース vol.104

雇対協ニュース page 3/12

電子ブックを開く

このページは 雇対協ニュース vol.104 の電子ブックに掲載されている3ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
雇対協ニュース vol.104

生涯現役社会実現環境整備事業の概要平成25年4月1日から高年齢者雇用安定法が改正されました。各会員企業さまは、既に就業規則、労使協定を改定されていると思います。さて、従業員のなかで、そろそろ神戸雇用対策協議定会年が近い方がいると思いますが、これからの東神戸雇用生対活策設協計議(会年金、介護、財形、メンタル)をどうしていくか、の会長能崎晴夫相談があると思われます。そこで、生涯現役社会実現環境整備事業が実施されます。会長柳澤好行新年あけましておめでとうございます。昨年は安倍政権の誕生によりアベノミクスの政策で大幅な金融緩和が実施されるところとなり、事業目的円安・株高となって輸出産業を始め関連企業、株なりますように心よりお祈り申し上げます。人口の減少と高齢化の進展により労働力人口が減少する中、我が国の経済・社会の活力を維持してに投資された方々にとっては大いに潤った年で昨年を振り返ると、日本経済はアベノミクスのプラいくためには、高齢者が健康で、意欲と能力がある限り年齢にかかわりなく働き続けることができるあったように思います。しかし、その反面内需にス効果を背景に金融緩和や各種経済対策の効果か社会「生涯現役社会」の形成が重要であることから、高齢者自らが職務経歴や社会保障制度等を踏まとっては材料高となり、販売価格に転嫁しにくいら一部景気回復の兆しも見られ、持直しに向かうえた職生活設計を行い、当該設計を踏まえた働き方ができるようセミナー等を実施することにより、分野の企業は厳しい経営を余議なくされた年でも動きがみられました。本年4月に予定されている消ありました。生涯現役社会の実現に向けた高齢者の環境整備を図る。費税率引き上げ前の駆け込み需要も昨年後半より雇用については、先行き全般的に経済も明るさ顕著となっており、個人消費は更に増大して行く事が事見業えてきたの規模、事内もあって容好転しつつありますが、消費規税模増税後の不安もあって慎重な企業も見受けられた●大年規でもありました。模セミナー神戸2回、阪神1回、姫路1回は予測されますが、増税以降の反動による一時的な冷え込みを考えると厳しい状況が予測されます。また昨今の異常気象が気になりませんか?昨年雇●対定協期のセミナー事業としては毎月雇2対回協ニュースの一般財団法発人刊兵、の夏は特に暑かったこともあり、今年の冬はまだま庫県雇用開発協会雇用●推出進張をセミナー目的とした高在等職学者校向、け:大学随の時先(アドバイザー生方とだ寒くなりそうな気がして心配です。昨年のフィリ派遣)ピンルソン島を襲った台風30号は最大瞬間風速がの交流会は年々盛況に開催する事が出来るように何と105メートルだったそうで、お天気の神様がなってきて、内容会員企業にとって雇用対策上、有益我々人類の自然環境の破壊、勝手な振る舞いに腹な事●業支であったように援メニューの説思明います。その事についてを立てているような気がしてなりません。は東神戸雇対協、雇用開発協会、ハローワークの●国が実施している各種施策の相談雇用情勢等については持直してはいるものの、ま共催の結果によるものと厚く御礼申し上げる次第●地方自治体が実施している各種施策の相談だまだ厳しい状況が続いています。昨年実施されです。●シルバー人材センターなど多様な働き方の相談た大学のキャリヤセンターの担当者との意見交換会新年度は消費税増税、TPPの導入が予想され●アンケート調査の実施で強く感じた事ですが、特に日本の中小企業におる中ますます国際化が進む事により、業種別、企いてはまだまだ本当に必要な人材を確保出来てい業経営についても変化の年になりそうで、経営者ない、企業は採用したいのに関わらず採用出来なとして先見性を問われる年になりそうです。い、一方学生は就職したいのに就職出来ていない。弊概社ねの以業上界の内事容ですが、です、雇年用々対技策術協者議不会足もの共傾催向いたしております。(別添、神戸地域生涯現役実現昔ほど学生も大企業にこだわっていないにも関わらにあり、セミナーのご今後オリンピック案内)を同封開いたしておりますので催もあって建設業界是非、活用して頂ければ幸いです。ず、アンマッチが発生しているのが現状です。若年は人材確保が経営上重要な課題となりつつあり、層の雇用を促進する使命を持つ我々にとっては今今年は例年より多く弊社も新卒者を採用する事に後画一的な採用方法では無く、大学側との情報交しております。しかし問題点も多くあり、技術者換の場を更に広げ、学生側も企業側もお互いのメに育成するのに年数がかかる等ありますが、一番リットを最大限に活かす事の出来る出会いとなる様心配なのは早急に技術を修得させる必要がある今な採用方法を模索して行く必要があると考えます。日、遅いようだと費用が多く嵩んだだけに終わる本年も微力ではありますが、雇用環境改善の一助可能性もあります。今年は各企業にとって変化のになるべく当雇用対策協議会の活動強化に取組んで年のように思われ、特に管理職にとって気苦労の参りますので、どうか今年も会員企業の皆様及び関多い年になりそうですが、御身大切にして社会的連機関の皆様方のご支援ご協力を賜りますようお願に会社、社員、家族の為頑張るしかなく結果よいい申し上げます。最後になりましたが、関係各位の皆年になりますよう祈念致します。様のますますのご発展と会員の皆様のご健康とご活躍を祈願いたしまして新年の挨拶とさせて頂きます。-11--3-新年あけましておめでとうございます。会員企業の皆様ならびに職業安定行政に携わる関係機関の皆様方にとって、今年一年が良い年と