雇対協ニュース vol.104

雇対協ニュース page 2/12

電子ブックを開く

このページは 雇対協ニュース vol.104 の電子ブックに掲載されている2ページの概要です。
秒後に電子ブックの対象ページへ移動します。
「電子ブックを開く」をクリックすると今すぐ対象ページへ移動します。

概要:
雇対協ニュース vol.104

目次目次表紙解説…………………………………………………………………………………………………2ごあいさつ(両会長)…………………………………………………………………………………………3ごあいさつ(両所長)…………………………………………………………………………………………4神戸地域雇用対策協議会雇用管理セミナー…………………………………………………………………5企業採用担当者と大学等就職担当者の懇談会………………………………………………………………6「カネテツデリカフーズ株式会社」取組みレポート(神戸マラソン)…………………………………7「三ツ星ベルト株式会社」取組みレポート…………………………………………………………………8大学生等対象就職面接会………………………………………………………………………………………9中堅・中小企業合同説明会…………………………………………………………………………………10生涯現役社会実現環境整備事業の概要……………………………………………………………………11年賀状…………………………………………………………………………………………………………12(敬称、正式名省略)かみなり?表紙木版画解説?♪頭を雲の上に出し雷さまを下に聞く富士は日本一の山♪と私が子供の頃に文部省唱歌で歌いました。また「一富士二鷹三茄子」と諺にあるように、正月に富士山を見ることは縁起が良いとされてきました。古より富士山は信仰の対象として崇められており、去年「世界文化遺産」として日本の富士山が世界の遺産として登録されました。同じく構成資産として注目を浴びた「三保の松原」も霊峰富士、松林の緑、打ち寄せる白波が織り成す風景は一幅の絵のよう。この地にまつわる言い伝えとして、松原に天女が衣を枝にかけて水浴びしている時、漁師が衣を取り上げ、返す代わりに舞を披露してもらったという天女の羽衣伝説が思い出される。高校で東京への修学旅行で神戸駅を夕方出発して現在の在来の東海道本線で10時間かかり、翌日早朝に富士山が見えた時には「これで東京に来た」との感激は今でも思いだされます。関西版画連盟会員作住本禮隆-2-